不倫相手と付き合いたいから別れたい、と言われたら

ある日突然、配偶者から、「不倫相手のことを本気で好きになってしまった、別れてほしい。」と言われてしまったら、ほとんどの方は頭が真っ白になってしまうのではないでしょうか。このような場合、言われた方はどのように対応するべきなのでしょう。

■まずは自分の気持ちを冷静に考えてみる

このような話を切り出された場合、ついカッとなってしまうことも多いかと思いますが、まずは冷静になることが何よりも大切です。不倫をするような相手となんて結婚生活は続けられない、という強い気持ちがあるようであれば、慰謝料などをしっかりと取り決め、然るべき手続きを行うというのも、もちろん1つの選択としてあるでしょう。しかし、不倫されたことはショックでも配偶者のことを諦めきれないというような場合は、不倫をしていた配偶者からの離婚の申し出だけで離婚できるものではない、というのを覚えておきましょう。不倫による離婚の場合、不倫をした配偶者は「有責配偶者」という扱いになり、あくまで夫婦双方の合意が無ければ離婚は難しいものになります。そのような事を言われてもすぐには決めかねる、今は離婚をするつもりは無い、というような意思をしっかりと伝えておきましょう。

■配偶者と不倫相手を別れさせたい場合は

しかし、現実にはこちらが離婚をする気がなくとも、不倫をしている配偶者がこのような話を切り出してくる場合、配偶者がかなり不倫相手に入れ込んでしまっているケースがほとんどであり、尚更家に帰って来なくなるなどということも考えられます。こういった場合は不倫相手と配偶者が別れるというのが確実な解決方法かもしれませんが、そうは言っても自分の力だけで不倫関係を終わらせる、というのはなかなか難しいものです。そこで、「別れさせ屋」に頼る方も中にはいらっしゃるようです。「別れさせ屋」とは、その名の通り別れさせることのプロです。特に、こういった不倫相手と配偶者を別れさせてほしい、というような相談は多いようです。

難しいことではありますが、まずは冷静になって今後自分はどうしたいのか、というのを考えるというのが大切です。そのうえで、どうしても配偶者とは別れたくない、幼い子どもがいるなど離婚したくない事情がある場合には、きちんとその意思を伝えましょう。不倫相手と配偶者を別れさせたい場合は、「別れさせ屋」を頼るというのも、1つの手段として考えておくと良いかもしれませんね。