不倫相手と復縁したくなってしまうきっかけとは

最初は一時の気の迷いのようなもので始まった不倫だったとしても、関係を続けるうちに相手への気持ちが深まってしまい、様々な理由で別れてしまった後でもなかなか不倫相手のことを忘れられない、ということもあるかと思います。実際にはどのようなきっかけで不倫相手との復縁を望むようになるのでしょうか。

■お互いに嫌いになって別れたわけではない場合

不倫という関係性の特殊さから、別れたきっかけがお互いを嫌いになったからではない、ということが多いのも、不倫相手と復縁したいという気持ちになってしまう原因の1つではないでしょうか。どちらか一方でも、相手への気持ちが冷めたことによっての別れであれば、悲しさはあるかもしれませんがある程度あきらめはつくものです。しかし、不倫相手の家庭のことを考えての別れであったりする場合、相手への気持ちはお互いに残っているためにきっぱりとあきらめをつけようをしてもなかなか難しいものです。ましてや、かなり不倫相手に気持ちが深まっていた場合はなおさらでしょう。

■不倫中のドキドキ感が忘れられない

不倫は、家庭が既にある方との恋愛のため、ある意味普通の恋人同士とは比べられないほどのさまざまなドキドキを感じるものです。お互いに連絡をするにも家族などにバレないように気を使いながら、ましてやデートなどは時間も場所も誰にも不倫がバレないように考えながらすることになるわけです。このことがストレスになってしまう方ももちろんいらっしゃるとは思いますが、こういったドキドキ感が癖になってしまう方も少なくありません。不倫相手と別れた後、普通の恋愛もしてみたが、幸せを感じないわけではないけれど何か物足りない…という思いを感じたときに、やっぱり不倫相手と過ごした日々が忘れられない!となってしまうこともあるようです。

他にも、さまざまなきっかけでふと、不倫相手との復縁を望むようになるようです。もしもどうしても不倫相手との日々が忘れられず復縁を望む場合、別れさせ屋でも復縁のサービスを行っていることがあります。そういった別れさせ屋に相談をしてみることも考えてみても良いかもしれませんね。