不倫がきっかけで離婚に進む夫婦は多い!?

不倫がバレて離婚にまで進む夫婦も多いですが、必ずしも離婚の原因のすべてが不倫だとは限りません。
不倫はあくまでもきっかけで、本当の理由は別にあるかもしれません。

■家庭への不満がきっかけで

不倫をしている多くの人はパートナーにバレないよう、細心の注意を払います。
しかし、もともと家庭に不満を持っている場合、不倫がきっかけで離婚を決断してしまうこともあるようです。
たとえば不倫をする前から夫婦仲が冷え切っていたり、夫が自宅に帰っても自分の居場所がない場合などは、不倫することで新しい家庭を持ちたいと思うこともあります。
また、最近では家事を積極的にする男性も増えていますが、本心では家事や子育てを妻にしてほしいと思う男性も少なくありません。
どれほど仕事を頑張っていても、自宅に帰ればまた家事をやらされると思い、不満を抱いて不倫に走る男性もいます。
お互いに仕事をしていれば家事を折半するのは当然のように感じますが、不倫相手が積極的に家事を行う場合、不倫相手といるほうが楽に感じて離婚まで考える男性もいることでしょう。

■妊娠がきっかけで

もともとただの遊びのつもりだったのが、不倫相手が妊娠したことで離婚を決意する男性も多く見られます。
もともと夫婦間に子どもがおらず不倫相手が妊娠してしまった場合、自分の子どもを産んで欲しい、または不倫相手に結婚を迫られるなどして離婚を選ぶようです。
不倫相手が妊娠した場合、中絶を迫りそうに思えますが、意外にも子どもを産んでほしいと思う男性は多いのです。

■夫への接し方を見直してみよう

結婚生活に何ら不満がなくとも不倫をする男性は多いですが、離婚まで決心することはよっぽどでない限りありません。
現在の結婚生活に不満がある、またはパートナーに対して不満を抱いていると不倫がきっかけで離婚まで進んでしまうこともあります。
普段から夫に対しての態度が冷たかったり、子どもを欲しがっているのに仕事を理由にして子どもを作ることを避けていると、ちょっとしたきっかけで夫が不倫に走る可能性もあるので気を付けましょう。