不倫は離婚の原因になる!?浮気との違いは?

旦那さんが不倫をしていることがわかり、離婚を決意する奥さんは多くいます。
不倫と似た言葉で「浮気」がありますが、浮気は特定の人を愛さずに他の人に心を移すことをいい、具体的な行為を意味するものではありません。
一方、「不倫」は結婚した人以外の特定の人と肉体関係を持つことを指します。

■不倫以外でも離婚ができる

日本では、夫婦間の合意があれば理由は問わずに離婚をすることができます。
役所へ離婚届を提出する際にも、「不倫が原因」などといったことがわかってしまう心配はありません。
このような夫婦間の合意のもとに成立する離婚を「協議離婚」といいます。
一方で、夫婦間で離婚の合意がなされない場合には、調停を申し立てて、家庭裁判所を通した手続きし離婚を成立させる必要があります。
しかし、親権や慰謝料、財産分与などの条件に合意できない場合にも家庭裁判所での手続きが必要です。
裁判による離婚は、協議離婚とは違い、一方が離婚を申し立てているので、「これ以上婚姻関係を継続させるのが困難な理由」がない限り、離婚を成立させることはできません。

■不倫が原因なら離婚ができる!

民法770条が定める離婚の原因の中に「不貞行為」というものがあります。
不貞行為とは簡単にいうと「不倫」のことです。
そのため、夫や妻が他の異性と不倫関係にあった場合、家庭裁判所に申し立てをすることによって、相手の意思に関係なく離婚することができます。
夫婦は互いに性的な純潔を保つ「貞操義務」を負っており、それを侵した場合には離婚はもちろんのこと慰謝料を請求すること可能です。
不倫によって受けた精神的な損害に対する賠償は、不倫を行った配偶者、不倫を行った相手にも請求することができます。

■不倫が原因で離婚すると慰謝料がかかる!

不倫が原因での慰謝料は、不倫が婚姻関係に与えた被害の大きさによって変わってきます。
相場は200〜300万と多額になることが多いので、「つい出来心で」と軽く考えずに、不倫は人生を左右することであると認識することが必要です。