不倫が理由で離婚するきっかけは?

不倫がきっかけで離婚するというのはよく耳にする話ですが、不倫をしたからといって必ずしも離婚をするわけではありません。
男女問わず、不倫をしている場合はお互いにバレないようにしていますが、あるきっかけで離婚へと発展してしまいます。

■不倫が離婚のきっかけになる場合

不倫をしている男性が、離婚を決断する場合には多くの理由があります。
その一つが「家庭に自分の居場所がない」と感じることです。
疲れて仕事から帰ってきたとしても、ゆっくりと過ごすことができずに邪魔者扱いされることで「自分の居場所がない」「不倫相手と一緒にいる方が安らぐ」と考えてしまい、離婚へと発展してしまいます。
また、子供がいない場合も離婚へ発展するきっかけといえるでしょう。
実際に子供のことを考え、離婚を思いとどまる夫婦は多く、さらに子供好きな男性にとっては離婚すると自由に子供に会えなくなることはつらいでしょう。

■不倫での離婚のきっかけはさまざま

不倫で離婚をするといっても、やはり理由はさまざまでしょう。
妻が家事をあまりしないといった些細なきっかけから、不倫相手を妊娠させてしまう場合もあります。
それに加えて不倫相手から奥さんと離婚するようにせがまれ、離婚に踏み切ることもあります。
また、自分が持っているコンプレックスを奥さんではなく、不倫相手が埋めてくれるといった場合も離婚の原因となるでしょう。
結婚して月日が経つにつれてストレスが溜まり、自ら抱えるコンプレックスを不倫相手が満たしてくれることで「この人と一緒にいる方が自分に自信が持てる」と感じてしまいます。

■離婚しないためにも、不倫のきっかけを見直そう

このように、不倫相手が「自分の弱みを見せられる存在」となることで、最終的に「奥さんよりも尊い存在」と感じるようになり、離婚に踏み切るケースがあります。
現在、旦那さんが不倫をしているのかもしれないと不安を抱えている方は、一度これらのケースを考え、見直してみてはいかがでしょうか。